FOLLOW US

“負けたら終わり”の決勝Tがスタート…EURO2020ラウンド16の注目ポイント<26日・27日開催分>

EURO2020の決勝トーナメントが始まる [写真]=Getty Images

 EURO2020は、23日までにグループステージの全日程を消化した。大きなサプライズはなかったが、期待以上の成果をあげた国もあった。26日からは、“負けたら終わり”の決勝トーナメントがスタートする。一発勝負の戦いでは、わずかなディテールの差が勝敗を分けることになるだろう。

 カナダのスポーツ専門チャンネル『Sportsnet』は、グループステージのデータを交えながら各試合の注目ポイントを列挙。ここでは、26日と27日に行われる4試合のポイントを紹介しよう。

[写真]=Getty Images

■26日 ウェールズ対デンマーク

 決勝トーナメントの幕開けを告げる一戦は、「最もハイテンションな試合が期待できる」という。データ会社『Opta』によると、ウェールズとデンマークはボールを前進させるスピードが決勝トーナメントに勝ち進んだ16カ国の中で最も速い。攻守の入れ替わりが激しく、見ているものを飽きさせないゲームが期待できるそうだ。

 キーマンとして挙げられているのは、ウェールズがアーロン・ラムジー、デンマークがピエール・エミール・ホイビュルクである。特に後者は、オープンプレーからのチャンス創出回数(25)が今大会の出場選手で最も多いという。

 一方、ラムジーはゴール期待値(xG)がウェールズの中で最も高い(1.64)。復調を感じさせるギャレス・ベイルとの連携プレーは最大の武器であり、グループステージで無敵を誇ったイタリアをも慌てさせた。注目度はそこまで高くないかもしれないが、かなりの好ゲームが期待できる。

■26日 イタリア対オーストリア

 イタリアは、グループステージ3戦3勝。7得点0失点と、攻守においてパーフェクトな内容を披露した。もしかしたら優勝もあるのではないか――そんな期待を抱くファンも多そうだ。オーストリアも悪いチームではないが、彼らにとってはかなり難易度の高いゲームと言えるだろう。

 だが『Sportsnet』は、イタリアにも“アキレス腱”があると指摘する。

 それがイタリアから見て左サイド、レオナルド・スピナッツォーラの背後のスペースにあるという。グループステージでは相手を押し込んだ状況が長く続いたため、大きなピンチを招くことはなかったが、スピナッツォーラはかなり高いポジションを取るため、後方にスペースが生じやすい。オーストリアは深い位置からのカウンターを得意としており、『Opta』のデータを見ても、イタリアと同等の成果をあげているため、彼らにもチャンスは十分にあるというのだ。

 イタリアが相手のカウンター攻撃へのケアを怠るようなことがあれば、痛い目にあうかもしれない。

■27日 オランダ対チェコ

 イタリア同様、グループステージ3連勝を達成したオランダ。腕章を巻くジョルジニオ・ワイナルドゥムの活躍が目を引いたが、DFながら2ゴールを叩き出したデンゼル・ダンフリースのプレーこそ注目に値すると『Sportsnet』は記事を綴る。

 3バックを採用するオランダで、ダンフリースは右ウイングバックを担当。高い得点力に加えて、自陣深い位置から相手ゴール前まで出ていく推進力や突破力もチームの武器となっていた。

 だからこそ、チェコの左サイドバックを担当するヤン・ボジルは重要な役割を担うと『Sportsnet』は予想する。彼の前に立つヤクブ・ヤンクトやボランチのトーマス・トマーシュ・ソウチェクと協力してダンフリースの自由を奪い、彼の背後のスペースを効果的に突くことができるかどうかが勝敗の鍵を握るという。

■27日 ベルギー対ポルトガル

 この試合では、今季インテルをセリエA優勝に導いたロメル・ルカクと、プレミアリーグの年間MVPに輝いたルベン・ディアスがピッチ上で相まみえる。今大会屈指のデュエルが繰り広げられるのは間違いないだろう。

 では、「クリスティアーノ・ロナウドとマッチアップするDFは?」と、『Sportsnet』は問いかける。ベルギーの中盤から前線にかけては豪華メンバーが顔を揃えるが、最終ラインは主力の高齢化が進み、ヴァンサン・コンパニが引退したあと、3バックの中央を安心して任せられる選手がいない。

 今大会も、ロシアとの初戦ではアルテム・ジューバに手を焼き、デンマーク戦では同ポジションを務めたジェイソン・デナイヤーのパスミスから先制点を奪われた。両脇を固めるヤン・ヴェルトンゲンとトビー・アルデルヴァイレルトは健在だが、ポルトガルは両ウイングにも強力な選手が控えている。どのような対策を打つのか、ロベルト・マルティネス監督の決断に注目が集まる。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO