FOLLOW US

右ひざ負傷のフランス代表FWデンベレは手術へ…バルセロナが発表

右ひざを負傷したフランス代表のデンベレ [写真]=Getty Images

 バルセロナは22日、フランス代表FWウスマン・デンベレが右ひざの手術を必要としていることを発表した。

 デンベレは19日に行われたEURO2020・グループF第2節のハンガリー代表戦(1-1)で57分から途中出場したものの、87分にトマ・レマルとの交代でピッチを後にしていた。今大会中の復帰が難しいと判断された同選手は、21日にフランスサッカー連盟(FFF)よりチームから離脱することが発表されている。

 バルセロナの発表によると、今回更なる検査を受けたデンベレは右ひざ大腿二頭筋の腱を脱臼していることが確認されたという。これにより、同選手は外科的な治療が必要であると判断されたことが明らかになった。

 なお、手術の日程などは明かされていないが、フランス紙『レキップ』によると、約4カ月の離脱が見込まれている。

 現在24歳のデンベレは、2017年夏にドルトムントからバルセロナへと移籍して以降、ハムストリングのケガを繰り返してきた。しかし、2020-21シーズンは大きなケガもなく、公式戦44試合の出場で11ゴール5アシストを記録。今年3月には2018年11月以来となるフランス代表復帰を果たし、EURO2020に臨んでいたが、再び戦線離脱を余儀なくされることになった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO