FOLLOW US

顔面骨折のデ・ブライネが軽度の手術…7日にベルギー代表合流へ

ベルギー代表のデ・ブライネ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが手術を受けたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が5日に伝えた。

 デ・ブライネは5月29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝のチェルシー戦で相手DFアントニオ・リュディガーと衝突し、鼻と左眼窩底を骨折。当初は手術の必要はないとされていたが、一転して軽度の手術を受けたという。ただ、7日にはベルギー代表に合流が可能なようだ。

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は5日の記者会見でデ・ブライネついて、「長期的な視点で、軽い手術が必要だった。回復に長くはかからないだろう」と明言。さらに、「手術は非常にうまく行ったし、とてもポジティブだ。彼がチームに合流する月曜日(7日)を楽しみにしている」と合流時期も明かし、「手術は20分ほどのものだった。医療チームは手術の結果に満足している。デ・ブライネは元気でいるよ」と話した。

 また、マルティネス監督は3日前の2日にも、「デ・ブライネは開幕戦には間に合わなさそうだ」とEURO初戦欠場の見込みを明言。さらに「彼の“マスク”についても決断をした。以前、ヤン・ヴェルトンゲンが着用したマスクと同じ製造者になる」とマスク着用でのプレーになることを明かしていた。

 ベルギー代表は6日に大会前最後のテストマッチとしてクロアチア代表と対戦。EURO2020はグループBに所属し、12日にロシア代表との開幕戦を迎え、17日にデンマーク代表、21日にフィンランド代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO