2019.09.08

ドルトムント、DFアカンジ&DFシュルツが足首負傷でそれぞれ代表離脱

それぞれ代表を離脱したアカンジ(左)とシュルツ(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントに所属するスイス代表DFマヌエル・アカンジとドイツ代表DFニコ・シュルツが、負傷によりそれぞれ代表チームを離脱した。クラブ公式サイトが伝えた。

 アカンジは、5日に行われたEURO2020予選・グループステージ第5節のアイルランド戦(1-1のドロー)にフル出場。だが、6日のクラブ発表によると、同試合で足首を負傷したため、ドルトムントに戻って精密検査を受けるという。

 シュルツは、6日に行われたEURO2020予選・グループステージ第5節のオランダ戦(2-4で敗戦)にフル出場した。しかし7日の発表によると、左足首のじん帯損傷により、ドイツ代表から離脱している。

 なお、両選手の離脱期間などの詳細は明かされていない。アカンジは今シーズン開幕から全5試合の公式戦にフル出場。今夏加入のシュルツも4試合に出場していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
ボーンマス
10pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
シャルケ
10pt
ドルトムント
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング