2016.07.11

悲願のユーロ初制覇…C・ロナウド「本当に幸せ。歴史を作った」

クリスティアーノ・ロナウド
優勝トロフィーにキスをするC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 10日に行われたユーロ2016決勝で、ポルトガル代表がフランス代表を延長戦の末に1-0で撃破。悲願の初優勝を果たした。

 試合後、ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が喜びを語った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 キャプテンとして臨んだ今大会、ユーロ2004以来となる決勝進出を果たしたC・ロナウド。12年越しの悲願達成に向けて先発出場した決勝では、25分に負傷交代を強いられることとなった。涙を浮かべながらピッチを後にすることとなったが、チームメイトの奮闘により、歓喜の瞬間を迎えた。

 C・ロナウドは「本当に幸せだよ。僕たちは歴史を作った。2004年からずっと思い続けていたものだよ。自分のキャリアの中で最も幸せな瞬間の1つだ。全てのチームメイトとスタッフに感謝したい。ポルトガル人にとって忘れられない瞬間になったね」と、喜びを爆発させた。

 なお同選手は自身のツイッターも更新。「このチームを誇りに思う。この国を誇らしく思う」と、つづっている。

この試合の他の記事


欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る