2016.07.08

ユーロ決勝進出ならず…ドイツ指揮官「我々のほうが内容は良かった」

レーヴ
フランスに敗れ、ユーロ決勝進出とはならなかったレーヴ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016準決勝が7日に行われ、ドイツ代表とフランス代表が対戦。ドイツ代表は0-2と敗れ、2大会ぶりの決勝進出とはならなかった。

 試合後、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が敗戦を振り返った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 レーヴ監督は「我々のほうが内容は良かったと思う。懸命にプレーしていたし、対人戦でも負けなかったね」と試合内容には一定の評価を示し、「ハーフタイムに入る直前にPKで失点したことが不運だった。我々もチャンスを作ったが(ゴールを)決められなかった。今日は運に恵まれなかったと思う」と語った。

「我々のほうがフランスよりも良かったが、ゴールと結果だけが足りなかった」と繰り返したレーヴ監督。10日に行われる決勝については「フランスはポルトガルに勝つだろう。私はそう思う。ポルトガルにそこまでの(強い)印象はない」と、開催国フランス代表の勝利を予想しつつ、「フランスはとても良いチームだ。ただ、今日は我々のほうが勝っていた」と改めて試合内容では相手を上回っていたことを強調した。

この試合の他の記事


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る