2016.06.24

ウェールズのGS首位通過を喜ぶベイル、次の目標は「大会制覇」

ベイル
ユーロ2016でプレーするウェールズ代表MFベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016を戦うレアル・マドリード所属のウェールズ代表MFギャレス・ベイルがコメントを残した。23日付のイギリス紙『ガーディアン』などが報じている。

 ユーロ本大会初出場のウェールズ。グループステージ(GS)は2勝1敗で勝ち点6の成績を収め、首位での決勝トーナメント進出を決めた。3試合すべてで得点をマークしたベイルは、「僕たちの勝利である。首位で通過したことは自慢できることだし、イングランドの上に立ったことは素晴らしい」とコメント。ライバル国であるイングランドを意識し、GSトップ通過を誇った。

 その上でベイルは、「最終的な目標は大会制覇に挑戦し、そして勝ち取ることだ」とまだまだ満足していない様子を示した。

 決勝トーナメントに進出する全16チームが出揃い、ウェールズはスペインやドイツ、開催国フランスなどの強豪国と決勝まで対戦しないこととなった。それでもベイルは、「一つ一つのゲームが決勝と同じくらい重要な試合となる。優勝することを渇望しているが、まずは北アイルランド戦に集中する」とコメント。決勝トーナメント1回戦の北アイルランド代表との戦いへ向けて意気込んだ。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る