2016.06.24

決勝T進出のベルギー指揮官「イングランドやスペインと戦いたかった」

マルク・ヴィルモッツ
ユーロ2016で指揮を執るマルク・ヴィルモッツ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016の決勝トーナメントを前に、ベルギー代表のマルク・ヴィルモッツ監督がコメントを残した。23日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ユーロ2016・グループステージ第1節でイタリア代表との強豪対決に敗れたベルギー。しかしその後の、アイルランド代表戦、スウェーデン代表戦に勝利し、グループ2位でのグループステージ突破を決めた。決勝トーナメント1回戦では、グループFを首位で通過したハンガリー代表と対戦する。

 同紙によると、対戦カードが確定したヴィルモッツ監督は、「私はイングランドやスペインと対戦したかった。彼らとの試合では失うものは何もないからね」と発言。ハンガリーよりもFIFAランキングが高いイングランドやスペインとの対決をプレッシャーが無いことから歓迎した。

 さらにヴィルモッツ監督は、プレーオフを勝ち上がり、11大会ぶりのユーロ本大会出場を果たしたハンガリーとの対戦を前に、「簡単な試合は存在しない」と気を引き締めた。

 ベルギーとハンガリーは26日にトゥールーズで対戦する。


欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る