2016.06.24

ユーロGSの“英国ベスト11” …ベイルらウェールズから最多5名選出

ベイル
(左から)イングランド代表FWルーニー、ウェールズ代表MFベイル、北アイルランドGKマクガバーン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016・グループステージの全日程が22日に終了。イギリスからはイングランド代表、ウェールズ代表、北アイルランド代表の出場した全3チームが決勝トーナメント進出を果たした。イギリスメディア『スカイスポーツ』は23日、この3チームから選出した“英国ベスト11”を発表した。

 同メディアは、イギリスのサッカーデータサイト『WhoScored.com』の選手パフォーマンスによる採点(最低1、最高10)をもとに、「4-4-2」のフォーメーションでベスト11を選出した。

 イングランドと同じグループBを首位で突破した初出場のウェールズから最多の5名が選出。グループステージ3戦連発で最も採点(8.78)の高かったMFギャレス・ベイルや、3試合で1ゴール2アシストの活躍を見せたMFアーロン・ラムジーらが名を連ねた。

 B組2位通過のイングランドからは、中盤でプレーするキャプテンのFWウェイン・ルーニーや、ウェールズとの“英国対決で”値千金の決勝ゴールを挙げたFWダニエル・スタリッジら4名が選ばれた。

 初出場の北アイルランドは、グループCを3位で突破。ドイツ代表を好守(8セーブ)で1点に抑え、3試合で15セーブを記録したGKマイケル・マクガバーン、最多13本のインターセプトを記録したDFジェームズ・チェスターの2名がベスト11に入った。

 なお、決勝トーナメント1回戦では、25日にウェールズと北アイルランドが対戦することとなり、今大会2度目の“英国対決”が実現。また、イングランドは27日に初出場のアイスランドと対戦する。

■グループステージでの“英国ベスト11”
(カッコ内は採点/代表チーム/所属クラブ)

▼GK
マイケル・マクガバーン(7.27/北アイルランド/ハミルトン・アカデミカル)

▼DF
カイル・ウォーカー(7.01/イングランド/トッテナム
ジェームズ・チェスター(7.60/ウェールズ/ウェスト・ブロムウィッチ
ジョニー・エヴァンス(7.36/北アイルランド/ウェスト・ブロムウィッチ
ベン・デイヴィス(7.59/ウェールズ/トッテナム

▼MF
エリック・ダイアー(7.35/イングランド/トッテナム
ウェイン・ルーニー(7.26/イングランド/マンチェスター・U
ジョー・アレン(7.29/ウェールズ/リヴァプール
アーロン・ラムジー(7.80/ウェールズ/アーセナル

▼FW
ギャレス・ベイル(8.78/ウェールズ/レアル・マドリード
ダニエル・スタリッジ(7.28/イングランド/リヴァプール


サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング