2016.06.17

【Jリーガーが語るユーロ】松井大輔「ダークホースが躍進すると大会は面白くなる」

世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 6月10日の開幕戦フランスvsルーマニア戦から、約1カ月間にわたる熱戦の火ぶたが切って落とされたUEFA EURO 2016。開催国フランスを誰よりもよく知るのが、2004年から8シーズンにわたってルマン、サンテティエンヌ、グルノーブル、ディジョンの4クラブでプレーした松井大輔(ジュビロ磐田)だ。

 彼にとってフランスは第2の故郷と言っても過言ではないほど、愛着のある国。今回の開催地であるパリを筆頭に、リヨン、サンテティエンヌなど大半のスタジアムでプレーしたことがあり、フランスサッカー界の奥深さ、それを取り巻く人々の情熱を理解している。そんな松井に、ユーロへの思い入れ、フランス代表の動向などを聞いた。
(インタビュー=元川 悦子、写真=六川 則夫、ゲッティ イメージズ)

■世界中を魅了したスペインのサッカーは誰もがやりたい理想形

ユーロについてですが、松井選手は何年大会から見ていますか?

松井大輔(以下、松井) 2000年のオランダ・ベルギーの大会くらいからですね。あの時はフランスが優勝しましたよね。当時のフランスは自分が記憶している中で一番強かった頃。(ジネディーヌ)ジダンもいましたし、(ティエリ)アンリや(ダヴィッド)トレセゲなどFW陣はみんな各国リーグで得点王を取っていた。際立ったタレントの集まりだったと思います。次の2004年のポルトガル大会はギリシャが頑張りましたよね。あの躍進はよく覚えています。クリスティアーノ・ロナウドもこの大会で台頭しましたよね。

2008年のスイス・オーストリア共催の頃はルマンからサンテティエンヌに移籍したばかりの時期でしたね。

松井 そうですね。確かサンテティエンヌのシーズン前のキャンプに行っている時期で、ユーロの試合もリアルタイムでたくさん見ました。今回のフランス代表に入っているブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)やディミトリ・パイェ(ウエスト・ハム)もその時、一緒にいましたね。特にマテュイディは性格的にいいやつで、よく喋ったりしていて、仲が良かったですよ。

matsui


サンテティエンヌ時代にはフランス代表として今大会に出場しているパイェやマトゥイディと一緒にプレーした [写真]=Getty Images

印象に残ったチームなどありましたか?

松井 2008年大会でインパクトが強かったのは、やっぱりスペインでしょう。バルセロナに似たスタイルでボールを保持して、相手が引いていてもアイディアを出しながらペナルティエリアを制していくというスタイルは、世界中を魅了しましたね。あのサッカーは誰もがやりたい理想形でしたけど、本当にやってしまうのがすごかった。シャビやアンドレス・イニエスタといったバルセロナのメンバーが多かったからできたんだと思います。

■王道だけど、僕はドイツ優勝を押したい

次の2012年ポーランド・ウクライナ大会は、ディジョンからブルガリアのスラビア・ソフィアへ移籍した時期に当たります。

松井 そうですね。移籍のバタバタとかで2008年よりは見た試合が少なかったのかな。でもやっぱりスペインの連覇は印象に強く残っています。4年前から何人かが入れ替わったけど、スペインは個々のレベルが高いからチームのスタンダードも変わらない。そういうスタンスは日本代表も学ぶべきところだと思います。日本はいろんなものを取り入れるのはうまいし、積極的だけど、日本らしさを確立するのを苦手としていますからね。そのスペインが今回、3連覇を果たすかどうかはひとつの大きな注目点だと思います。イニエスタやジェラール・ピケといったバルサ勢が減って、他チーム所属の選手が多くなりましたよね。そういうチーム構成が戦いにどう影響するかが気になります。

スペインの3連覇の行方の話が出たので、今大会の優勝予想をしていただけますか?

松井 ざっと見た感じですけど、今回は飛びぬけたチームがあんまりないなというのが実感ですね。ただ、そういう中でも、やはり2014年ブラジルワールドカップで優勝したドイツは強いでしょう。固く考えると、ドイツが一番優勝に近いチームなのは確か。王道だけど、僕はドイツ優勝を押したいと思います(笑)。

Germany v Ukraine - Group C: UEFA Euro 2016


2014年ワールドカップ王者のドイツは今大会でも優勝候補の最有力候補に挙がる [写真]=Getty Images

ダークホースとして注目している国はありますか?

松井 ダークホースはベルギーかな。FIFAランキングでは欧州トップで前評判もかなり高いようですし。2004年に優勝したギリシャもそうですけど、ダークホースが躍進すると大会は面白くなる。今回は出場国が24カ国になって、今までユーロに出られなかった国が数多く参戦しますよね。選手たちも『この大舞台でアピールして成り上がってやろう』という気持ちが強いから、余計にサプライズが起きる可能性があるんじゃないかなと思います。僕がプレーしたブルガリアやポーランドの若い選手たちも野心が強かったですから。そういう意味でも、本当に楽しみですね。

記事を全文読む

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る