2016.06.10

ユーロに臨むドイツ代表DF、テロを警戒「家族は観戦に来ない」

ボアテング
ユーロ2016を狙ったテロについてコメントしたボアテング [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016開幕を前に、ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(バイエルン)がテロへの恐怖を口にした。8日にドイツ誌『スポーツビルト』が伝えている。

 同誌によると、ボアテングは「私の家族や子どもはおそらく観戦のためにスタジアムへ来ることはないだろう。はっきり言って、リスクが大きすぎる」とコメント。ユーロ2016を狙ったテロ計画を警戒していると同時に、恐怖心を持っていることを明かした。

 また同選手は「このような(安全面の)テーマについて議論しなければならないことは、もちろん本当に悲しい。しかし一方で、そのことについて考えさせられる出来事がたくさん起こってしまった」とコメント。「もし家族がスタジアムに来なければ、私はサッカーだけに集中することができる。ただ最終的に、このこと(家族を呼ぶかどうか)については選手それぞれが決めることだけどね」と話している。

 ドイツ代表はグループCに入り、12日にウクライナ代表との初戦に臨む。16日にはポーランド代表、21日には北アイルランド代表と対戦する。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る