2016.06.09

ユーロで史上初の兄弟対決へ…アーセナルMFの兄が胸中を告白

グラニト・ジャカ タウラント・ジャカ
スイス代表MFグラニト(左)とアルバニア代表MFタウラント(右)のジャカ兄弟 [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 いよいよ開幕が10日に迫ったユーロ2016で、大会2日目に行われる一戦で密かに注目されているのが、スイス代表MFグラニト・ジャカとアルバニア代表MFタウラント・ジャカによる大会史上初となる兄弟対決だろう。

 国際主要大会での兄弟対決は、ワールドカップではドイツ代表DFジェローム・ボアテングとガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングが2010年大会および2014年大会で実現させているものの、ユーロでは今回が初めてとなる。

 両親の祖国であるアルバニアの代表を選択した兄のタウラントは、出生地であるスイスの代表を選択した弟のグラニトとの対戦を前に、胸が高鳴っていることを告白した。

「兄弟揃ってユーロに出場できるのは素晴らしい事だ。僕はアルバニアのために、弟はスイスのために、それぞれベストを尽くすことになる。もちろん、個人的には感情がもの凄く高ぶっているよ。何と言っても弟と対戦するのだからね」

 ともにバーゼルのユースチームに入団したものの、クラブ一筋でプレーしているタウラントに、この夏はボルシアMGからアーセナルへの移籍が決定したグラニトと、国内外に別れて戦っているジャカ兄弟。タウラントは、グラニトと試合中にボールを奪い合う状況になったとしても普段通りにプレーすることを明言した。

「僕にとってはアルバニアのためにベストを尽くすまでであり、監督の指示通りにプレーする。対面する選手が弟であろうが誰であろうが関係ない。フィジカル・コンタクトを避けるつもりはないし、試合のルールに則った形で争うことになる」

 タウラントは一方、試合前はグラニトも心の中でアルバニア国歌を歌うはずとの見解を示している。

「僕はアルバニア国歌を父から教わった。また、アルバニア人学校での4年間では歌う機会もあった。僕ら家族は皆、アルバニア国歌を暗唱できる。それゆえ、同じアルバニアの血が流れている弟も、試合前は心の中で口ずさむものだと確信している」


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る