FOLLOW US

リュディガー離脱の独代表、レヴァークーゼンの20歳DFターを追加招集

ユーロ2016に臨むドイツ代表に追加招集されたDFター [写真]=Getty Images

 右ひざ前十字じん帯を断裂したDFアントニオ・リュディガー(ローマ)の離脱を受けて、ヨアヒム・レーヴ代表監督はレヴァークーゼン所属のDFヨナタン・ターを追加招集したと、ドイツサッカー連盟(DFB)が8日に発表した。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 センターバックを務める20歳のターは、昨夏にハンブルガーSVからレヴァークーゼンに移籍。昨シーズンは2部デュッセルドルフでプレーしていたものの、ドイツ代表選出を果たすまでに飛躍した。今シーズンはレヴァークーゼンで公式戦45試合に出場。3月26日に行われたイングランド代表との国際親善試合で代表デビューを飾った。

 なお8日の練習では、ドルトムントでブレイクしたボランチのユリアン・ヴァイグルバイエルンで複数のポジションでプレーし代表の座をつかんだジョシュア・キミッヒの若手2人も欠席。ヴァイグルは筋肉系の問題を抱え、キミッヒは風邪をひいているとのことで、12日に行われるユーロ2016初戦のウクライナ戦までには問題はないようだ。

SHARE



LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA