2016.06.04

ユーロの全登録選手552名が出揃う…最多輩出リーグ&クラブは?

ユーロ2016の登録メンバー全23名が自国リーグでプレーするイングランド代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 6月11日に開幕を迎えるユーロ2016。出場全24チームの登録メンバー23名が出揃い、UEFA公式サイト『UEFA.com』が出場選手に関するあらゆるデータを発表した。

 まず、リーグ別に見ていくと、出場24チームの全登録選手552名のうち約4分の1を占める139名がイングランドのリーグでプレー。1部にあたるプレミアリーグからは103人が名を連ねている。その他には、ドイツ、イタリア、トルコ、スペインのリーグが続いた。

 クラブ別では、12名を輩出したユヴェントスとリヴァプールの選手が最多。11名が選出されたトッテナム、10名が選ばれたマンチェスター・Uが続いた。なお、今シーズンのチャンピオンズリーグを制したレアル・マドリードからは8名がユーロ2016に参加することになっている。

 その他、各国代表ごとのデータでは、イングランド代表の全23名が自国リーグでプレーしている。ロシア代表もDF内田篤人が所属するシャルケのDFロマン・ノイシュテッターを除く22名が自国リーグに所属。一方で、アイスランド、北アイルランド、アイルランドの3カ国は登録メンバー全員が海外でプレーする選手で構成されている。

 その他のデータは以下のとおり。

■ユーロ2016の全登録選手552名に関する各種ランキング

▼最も多くの選手が選出されたリーグ
(カッコ内は国内の各カテゴリーの内訳)
1位 139名 イングランド(プレミアリーグ 103名、チャンピオンシップ 31名、リーグ・ワン 4名、リーグ・ツー 1名)
2位 65名 ドイツ(ブンデスリーガ1部 57名、同2部 8名)
3位 56名 イタリア(セリエA 52名、セリエB 4名)
4位 36名 トルコ(スュペル・リグ 36名)
5位 35名 スペイン(リーガ・エスパニョーラ1部 34名、同2部 1名)

▼最も多くの選手が選出されたクラブ
1位 12名 ユヴェントス(イタリア)
1位 12名 リヴァプール(イングランド)
3位 11名 トッテナム(イングランド)
4位 10名 マンチェスター・U(イングランド)
5位 9名 バルセロナ(スペイン)
5位 9名 バイエルン(ドイツ)
5位 9名 フェネルバフチェ(トルコ)

▼自国リーグでプレーする選手が最も多い代表国
1位 23名 イングランド
2位 22名 ロシア
3位 18名 イタリア

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る