FOLLOW US

ユーロで“奇跡”の飛躍を…北アイルランド代表監督「レスターになれる」

ユーロ初出場を決めて喜ぶ北アイルランド代表のオニール監督 [写真]=Getty Images

 開幕前は降格候補に挙げられたチームが、並み居る強豪を抑えてリーグ王者に輝く。こんな現代フットボール界では考えられないおとぎ話のような奇跡を、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが現実のものとした今シーズンのプレミアリーグ。

 イタリア人指揮官のクラウディオ・ラニエリ監督に率いられたチームが起こしたこの世紀の下剋上には、大きな刺激や勇気を貰った指導者も多く、来月10日に開幕するユーロ2016に大会初出場する北アイルランド代表のマイケル・オニール監督もその1人だと言う。

 イギリス紙『デイリーミラー』とのインタビューに応じたオニール監督は、レスターが北アイルランド代表にとってのロールモデルであることを説明した。

レスターのプレミアリーグ制覇はフットボールが持つ可能性を示している。彼らは我々が目標とするべき存在だ。我々は常に手本となるようなチームを見出しており、今シーズンのレスターはまさにそれに当たる」

 オニール監督はまた、レスターがしかるべき形でプレミアリーグを制覇したとの見解を示した。

レスターはチームに大成功をもたらすプレースタイルを探し出した。彼らはボールポゼッションやパスの本数といったデータでは大した数字を残していない。しかし、ゴール決定率は非常に高く、そして何よりも素晴らしいディフェンスを有している。彼らは今シーズンたった3敗しかしていないことからも分かる通り、倒すのが極めて難しいチームだ」

 ユーロ2016のグループステージでは、現ワールドカップ王者であるドイツ代表を筆頭に、ポーランド代表、ウクライナ代表と実績で上回るチームと対戦する北アイルランド代表。だがオニール監督は、「我々の前には高い山がそびえ立っていることは分かっている」としながらも、レスター流の戦いで躍進を目指すとの強い意欲を表した。

レスターは強固なディフェンスで相手を抑え込み、カウンターやセットプレーで脅威を与える。それは我々が強化してきた点であり、大会で実現すべき事だ。我々は65パーセントのボールポゼッションを記録することなどできない。しかし、ボールを持っていない時のプレーは非常に優れている。他のいかなるチームよりもよく走り、あらゆるネガティブな指標を覆すのだ。北アイルランドはユーロでレスターになれる」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA