2015.10.11

イタリア、6大会連続のユーロ本戦出場決定…アゼルバイジャンに3発快勝

イタリア代表
ゴールを喜ぶイタリア代表の選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016予選が10日に行われ、アゼルバイジャン代表とイタリア代表が対戦した。

 グループHで首位に立つイタリアは残り2試合で1勝すれば本大会出場が確定。一方のアゼルバイジャンはすでに予選敗退が決まっている。

 試合が動いたのは11分。中盤でパスを繋いだイタリアはマルコ・ヴェラッティが最前線に長いスルーパスを送ると、エデルがDFラインの裏に抜け出し、GKとの1対1を冷静に制してゴールネットを揺らした。

 先制に成功したイタリアだったが、31分にミスから同点ゴールを許してしまう。ロングボールに対応したジョルジョ・キエッリーニのクリアが中途半端になると、カバーに入ったレオナルド・ボヌッチもクリアしきれず、エリア手前にこぼれたボールをアゼルバイジャンのディミトリ・ナザロフが右足でゴール右に沈めた。

 しかし43分、イタリアが前半のうちに再びリードを手にする。エデルからのスルーパスでエリア内右に抜けだしたアントニオ・カンドレーヴァは、飛び出したGKの位置を見て中央へのラストパスを選択。これをステファン・エル・シャーラウィが無人のゴールに流し込んだ。

 後半に入ってもイタリアが主導権を握ると61分、自陣からのロングボールでDFラインの裏に抜けだしたエデルがGKの頭上を超えるループシュートを放ったが、カバーに戻ったDFがゴールライン上でなんとかクリアし、追加点とはならなかった。それでも65分、高い位置でボールを奪ったマッテオ・ダルミアンがゴール正面から強烈なミドルシュートを突き刺し、イタリアがリードを2点に広げる。

 終盤も攻め続けたイタリアは、チャンスを作ったものの4点目は決まらず試合はこのまま終了。3-1でアゼルバイジャンに快勝を収めたイタリアが6大会連続のユーロ本戦出場を決めた。

【スコア】
アゼルバイジャン代表 1-3 イタリア代表

【得点者】
0-1 11分 エデル(イタリア代表)
1-1 31分 ディミトリ・ナザロフ(アゼルバイジャン代表)
1-2 43分 ステファン・エル・シャーラウィ(イタリア代表)
1-3 65分 マッテオ・ダルミアン(イタリア代表)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る