FOLLOW US

スペイン、無傷のスロバキアにホームで快勝…リベンジ果たしC組首位に

ゴールを喜ぶスペイン代表の選手たち [写真]=Getty Images

 ユーロ2016予選が5日に行われ、スペイン代表とスロバキア代表が対戦した。

 前回対戦時にはホームで2-1とスペインを破るなど、スロバキアはここまで同予選で無傷の6連勝。グループCの首位に立っている。対するスペインは5勝1敗と、スロバキアに次ぐ2位につける。

 首位攻防戦となったこの試合、ホームのスペインは高い位置から積極的にボールを奪いに行くが、4分にはセルヒオ・ラモスが自陣でボールコントロールをミスし、いきなり決定機を作られてしまった。しかしこれをしのいだ直後の5分、スペインが先制に成功する。得意のパスワークで攻め上がりダビド・シルバがエリエ手前右でボールを受けると、左足で絶妙な浮き球をエリア内左に送る。ここに走りこんだジョルディ・アルバがヘディングシュートをゴール右に決めた。

 リードを得たスペインが主導権を握ると、追加点は30分に決まる。スロバキアのゴールキックを中央でカットし、セスク・ファブレガスが一気に前線のジエゴ・コスタに浮き球のスルーパス。すると抜けだしたジエゴ・コスタがエリア内でGKマトゥシュ・コザチクに倒されPKを獲得。アンドレス・イニエスタがこのPKを冷静にゴール左に沈め、スペインがリードを2点に広げる。

 後半に入っても攻め続けるスペインはシルバやセスク、サンティ・カソルラにシュートチャンスが訪れたが、最後のところで決め手を欠きなかなか3点目は生まれない。72分には右からのクロスにジエゴ・コスタがバイシクルで合わせると、枠の右に外れようかというシュートをゴール前のシルバが押し込もうとするが、ここもうまくミートできなかった。

 圧倒的にボールを支配し攻め立てるスペインだったが結局後半は無得点のまま終了。それでも2-0でスロバキアを下したことで勝ち点で並ぶと、直接対決の成績でグループCの首位に立った。

 次戦、スペインはマケドニア代表と、スロバキアはウクライナ代表と対戦する。

【スコア】
スペイン代表 2-0 スロバキア代表

【得点者】
1-0 5分 ジョルディ・アルバ(スペイン)
2-0 30分 アンドレス・イニエスタ(PK)(スペイン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA