FOLLOW US

GKノイアー、ついにサイドからスローインを入れる…ユーロ2016予選

グルジア戦に出場したドイツ代表GKノイアー [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルン所属のドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ユーロ2016予選のグルジア戦でサイドラインからスローインを投げていた、とイギリス紙の『メトロ』が30日に報じた。

 バロンドールの最終候補3人に残り、2014年ブラジル・ワールドカップでドイツ代表を優勝に導いた立役者であるノイアーは、世界最高のGKと誰もが認める選手である。

 また、驚異的な守備範囲をカバーするノイアーは、ハーフウェーライン近くまで上がってパスの組み立てに参加したり、果敢に飛び出してタックルする積極性からフィールドプレーヤーの一人としてプレーするゴールキーパーとして知られている。

 29日のグルジア戦でドイツ代表としてプレーしていたノイアーは、次のレベルまで進んだようだ。ボールがサイドラインを割った際、ノイアーはハーフウェーライン近くまで駆け上がり、通常はサイドバックがすることになっているスローインを自ら入れて、その積極性を見せつけた。

 なお、ドイツ代表はグルジア代表に2-0で勝利している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA