FOLLOW US

オランダ代表、ヤンマートが離脱…W杯出場のフェルヘーフを追加招集

ヤンマート(左)が離脱し、フェルヘーフ(右)がオランダ代表に招集 [写真]=VI-Images via Getty Images

 KNVB(オランダサッカー協会)は6日、ユーロ2016予選に臨む同国代表のメンバー変更を発表。ニューカッスルDFダリル・ヤンマートが離脱し、アウクスブルクDFポール・フェルヘーフを追加招集したことが明らかになった。

 ヤンマートはハムストリングに問題を抱えていたが、4日に行われたプレミアリーグ第7節のスウォンジー戦に強行出場。右サイドバックとしてフル出場し、2-2のドローに貢献したものの、試合後に同箇所のけがが悪化していることが判明。これを受けて、オランダ代表を率いるフース・ヒディンク監督がメディカルスタッフと協議した結果、リスクを避けるために同選手の代表離脱を決定した。

 追加招集となったフェルヘーフは、1983年生まれの31歳。ブラジル・ワールドカップのオランダ代表メンバーにも選出され、決勝トーナメント1回戦のメキシコ代表戦でフル出場して勝利に貢献した。

 オランダ代表は、ブラジル・ワールドカップ後にルイス・ファン・ハール監督(現マンチェスター・U)の後任としてヒディンク監督を招へい。ユーロ2016予選グループB初戦のチェコ代表戦では、敵地で1-2の敗戦を喫した。10日にカザフスタン代表、13日にアイスランド代表との対戦を控えている。

(記事/超ワールドサッカー)

いつでもどこでも楽しめる EURO2020はWOWOWで!無料トライアル実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO