2014.09.09

スペイン代表初ゴールのFWアルカセル「ゴールを奪う必要がある」

代表初ゴールを決めたFWアルカセル(下) [写真]=Getty Images

 スペイン代表は、8日のユーロ2016予選でマケドニア代表とのホーム戦に臨み、5-1の勝利を収めた。チームの2点目を記録したバレンシア所属のFWパコ・アルカセルが試合を振り返った。UEFA(欧州サッカー連盟)公式サイトが同選手のコメントを伝えた。

 2トップの一角として先発出場を果たしたアルカセルは、17分にチームの2点目を記録。これが嬉しい代表初ゴールとなった。大事な初戦でチームの大勝に貢献したアルカセルは試合後、次のように語っている。

「今回の勝利に満足している。代表初ゴールを奪うことができた。このユニフォームを着ることを誇りに思うよ。初めて代表でプレーする選手はナーバスになってしまうけど、チームメートは僕を手助けしてくれた。心地よく感じている。これはうまくプレーするために鍵となる要素だ。チームは失点シーンを除いて、良いプレーを見せられたね」

「攻撃と守備の両方でうまくプレーできた。そして、僕たちは勝ったんだ。このまま継続させていきたいね。ただ、僕がプレーするかどうかは監督が決めること。その決定を尊重する必要があるんだ。ただ、プレーするためにゴールを奪い続ける必要があるね」

 スペイン代表は、10月9日に行われるユーロ2016予選のグループCでスロバキア代表と対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る