2014.09.09

ウェールズ指揮官、ユーロ予選でレアルMFベイルのCF起用を示唆

エースとしての活躍が求められるベイル [写真]=Getty Images

 9日に行われるユーロ2016予選でアンドラ代表とウェールズ代表が対戦する。ウェールズを率いるクリス・コールマン監督は、この一戦でMFガレス・ベイルをセンターフォワードの位置で起用する可能性を示唆した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。
 
 アーセナルに所属するMFアーロン・ラムジーやリヴァプールに所属するMFジョー・アレンなどが揃うウェールズ代表。その中でも、レアル・マドリードでプレーするベイルには、エース級の働きが期待されている。
 
 コールマン監督は、負傷で前線の駒が不足していることから、本来はサイドで輝きを放つベイルをゴールに一番近いポジションで起用するかもしれないと話した。
 
「彼が中央でプレーすることは秘密でもなんでもない。私は彼があらゆるポジションでプレーしている姿を見ている。どこでも優れたプレーが可能な選手なんだ」

「我々はサム・ボークスだけでなく、サイモン・チャーチというストライカーも失った。そのため、ガレスを彼らの位置で起用することを考慮している」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る