2014.09.09

ユーロ3連覇へ、王者スペインが5発快勝…予選初戦でマケドニア撃破

ゴールを喜ぶスペイン代表の選手たち [写真]=Getty Images

 ユーロ2連覇中の王者スペイン代表が8日、ユーロ2016予選グループC初戦でマケドニア代表と対戦し、5-1で快勝した。

 ブラジル・ワールドカップではグループステージ敗退に終わったものの、ユーロ2008、ユーロ2012を制しているスペイン。4日に行われ、0-1で敗れた国際親善試合フランス代表戦の先発メンバーから大幅に7選手を変更した。負傷したジエゴ・コスタやダニエル・カルバハルらに代わって、パコ・アルカセルやフアンフランを先発で起用し、ゴールマウスにはGKイケル・カシージャスを起用した。

 5-4-1の5バックを敷いて自陣に引くマケドニアに対し、4-4-2のシステムを採用するスペインはダビド・シルバとセスク・ファブレガスを起点にポゼッションを高め、2トップの一角を務めたアルカセルがディフェンスライン裏を突いて揺さぶりをかけていく。5分にアギム・イブライミの直接FKでゴールに迫られたものの、GKカシージャスが好守で凌ぐと、9分に最初のチャンスを迎える。FKの流れからボックス左のセスクが放ったコントロールシュートはわずかに枠の右へ外れた。

 それでも14分、ジョルディ・アルバのパスをボックス左で受けたダビド・シルバが相手DFに倒されてPKを獲得。これをセルヒオ・ラモスがチップキックシュートでゴール正面に決め、スペインが先制に成功した。さらに17分、セスクのフィードをボックス右に走り込んだフアンフランが折り返し、最後はフリーのアルカセルが無人のゴールに流し込んでリードを2点に広げる。

 ところが、主導権を握る中、スペインは28分にPKを献上してしまう。ボックス左に侵入したアレクサンダル・トライコフスキをフアンフランが倒し、これをイブライミに決められた。思わぬ失点を喫したスペインは、32分にペドロ・ロドリゲス、35分にジョルディ・アルバが立て続けにゴールに迫ったが、いずれも相手GKの好守に阻まれてしまう。

 前半終盤にかけても攻勢に出たスペインは、ハーフタイム間際にダビド・シルバ、アルカセルがそれぞれ決定機を迎えたが、前者は相手GKに、後者はDFに阻まれてしまう。それでもアディショナルタイム3分、ルーズボールをゴール正面の位置にいたセルヒオ・ブスケツがダイレクトで叩いたシュートがDFに当たり、ゴール右に吸い込まれた。

 リードを2点に広げたスペインは、後半開始直後にピンチを迎える。相手FWにボックス左に抜け出されてシュートを打たれたが、GKカシージャスがビッグセーブで阻止。すると50分、ジョルディ・アルバのリターンパスを受けたボックス左のシルバがグラウンダーのシュートでゴール右を射抜き、4-1とする。

 その後、アルカセルを下げてイスコを、セルヒオ・ラモスを下げてマルク・バルトラを投入するなど余裕のスペインは、78分に新星を送り出す。コケに代えてムニル・エル・ハダディを2トップの一角に投入した。

 その直後、イブライミに決定的なシュートを打たれるも、GKカシージャスがまたもビッグセーブで防ぐと、終了間際のアディショナルタイム1分にシルバのラストパスを受けたペドロがループシュートを決めて、マケドニアを一蹴。ユーロ王者スペインが5-1で完勝し、白星スタートを切った。

【スコア】
スペイン代表 5-1 マケドニア代表

【得点者】
1-0 15分 セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
2-0 17分 パコ・アルカセル(スペイン代表)
2-1 28分 アギム・イブライミ(マケドニア代表)
3-1 45分+3 セルヒオ・ブスケッツ(スペイン代表)
4-1 50分 ダビド・シルバ(スペイン代表)
5-1 90分+1 ペドロ・ロドリゲス(スペイン代表)

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る