FOLLOW US

スペイン代表戦に臨むデシャン監督「情熱とモチベーションが大事」

スペイン代表戦を前に意気込むデシャン監督 [写真]=Getty Images

 フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、4日に行われるスペイン代表との国際親善試合に向けた意気込みを語った。FIFA(国際サッカー連盟)公式サイトが、フランス代表指揮官のコメントを伝えている。

 ユーロ2016のホスト国であるフランス代表は、ブラジル・ワールドカップ後に行われる最初のインターナショナルマッチウィークでスペイン代表を迎える。デシャン監督は、選手たちがシーズンに入ったばかりであり、今の段階ではコンディション面で難しさがあるが、代表選手としてプレーする誇りを持って試合に臨むことが重要だと明かした。

「シーズン中に行われる代表戦はそれほど魅力的に感じない。選手たちは各チームでリーグ戦やチャンピオンズリーグを戦っているからね。とても忙しい状況だ。ただ、代表選手としてこのユニフォームを着ることは特権だ。このユニフォームを着てプレーすることがどれほど大事なことかということを忘れてはいけない。どんな試合であっても常に情熱と、モチベーションを持っている必要があるのだ」

 今回対戦するスペイン代表は、MFシャビ・エルナンデス、MFシャビ・アロンソ、FWダビド・ビジャなど、これまでチームを支えてきたベテラン選手たちが揃って引退を表明している。しかしデシャン監督は、スペイン代表の戦い方が大きく変わることはないだろうと予想している。

「彼らは変化することはない。ポゼッションを高めて、ショートパスを繋ぐスタイルはこれからも続くだろう。シャビやシャビ・アロンソといった中心選手は引退し、(アンドレス・)イニエスタは離脱中だ。それでも(セスク・)ファブレガスやイスコといった才能溢れる若手がいる」

「彼らとポゼッションを争うことは難しい。それが彼らのストロングポイントだからね。だからこそ、モチベーションも高くなる。それに満員となるスタッド・ド・フランスでの試合だ。選手たちも気持ちを入れた試合を見せてくれるだろう」

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA