FOLLOW US

左SBに長期離脱者がいるソシエダ、アトレティコのガランに関心…今夏加入も出場機会を得られず

2024.01.23

レアル・ソシエダが関心を寄せる左SBハビ・ガラン [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダは、アトレティコ・マドリードに所属する左SBハビ・ガランに関心を寄せているようだ。22日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 1994年11月19日生まれのガランは現在29歳。バダボスという当時地域リーグに所属していた地元クラブでキャリアを始めると、4部、3部、2部と着実にステップアップ。そして2021年夏から在籍したセルタでリーグ屈指の左SBに成長を遂げて、今夏に“3強”の一角を成すアトレティコ・マドリードに加入した。しかし、ここまでは公式戦9試合の出場にとどまっている。
 
 そんなガランに対して、レアル・ソシエダが関心を寄せているとのこと。『マルカ』によると、21日に左膝前十字じん帯断裂が発表されたアイエン・ムニョスのシーズンアウトは確実で、トップチーム登録されている本職の左SBはキーラン・ティアニーのみとなり、ディエゴ・シメオネ監督の下では“不発弾”と化している同選手のレンタル獲得を目指していると報じている。

 また『マルカ』は、出場機会を求めるガランが今冬にアトレティコ・マドリードを離れることを決断し、ビジャレアルにレンタル移籍加入することが有力視されていたと指摘。ただ、レアル・ソシエダからの強い関心を受けたことで、その移籍先をサン・セバスチャンへと変更する可能性も高いようだ。

 ラ・リーガに加えて、チャンピオンズリーグも勝ち残っているレアル・ソシエダ。手薄となった左サイドに、力強さと速さで相手守備陣に風穴を開ける“弾丸”を置くことができるのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGレアル・ソシエダのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO