FOLLOW US

マドリード・ダービーを制したアトレティコ、ホームゲームにおける“2つの記録”を塗り替え

2023.09.26

『シビタス・メトロポリターノ』のピッチで躍動したアトレティコ・マドリードの選手たち [写真]=Getty Images

 ラ・リーガ第6節が24日に行われ、アトレティコ・マドリードがレアル・マドリードを3-1で下した。この試合において、アトレティコ・マドリードはホームゲームでの“2つの記録”を達成した。

 試合は立ち上がりの4分、左サイドからカットインしたブラジル人MFサムエウ・リーノが上げたクロスボールに、ボックス内でスペイン代表FWアルバロ・モラタが反応。巧みな動き出しでDFの背中に潜り込み、ヘディングシュートを沈めた。18分にはリーノからのパスを受けたスペイン人MFサウール・ニゲスがペナルティエリア左から浮き球のボールを送り、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがヘディングシュートを叩き込む。35分には元ドイツ代表MFトニ・クロースのミドルシュートでレアル・マドリードに1点を返されたが、後半開始直後の46分にはサウールからのクロスボールをモラタが頭で沈めた。試合は3-1でタイムアップ。アトレティコ・マドリードが今季の公式戦6連勝を飾っていた“宿敵”に初黒星をつけた。

 同試合に勝利したことで、アトレティコ・マドリードは本拠地『シビタス・メトロポリターノ』での連勝記録を更新。昨季のラ・リーガ第22節アスレティック・ビルバオ戦から数えてホーム11連勝を飾った。これは2017-18シーズンよりホームスタジアムとして使用している『エスタディオ・メトロポリターノ』(※命名権の関係でオープン当初は『ワンダ・メトロポリターノ』、2022-23シーズンより『シビタス・メトロポリターノ』)での最長記録となっている。これまでの最長記録は2017-18シーズンのラ・リーガ第21節ラス・パルマス戦から第32節レバンテ戦にかけて達成された10連勝。なお、この中にはヨーロッパリーグ(EL)の試合も含まれているが、今回の11連勝はラ・リーガの試合のみで成し遂げられた。ラ・リーガの試合に限定すると2020-21シーズンの第7節ベティス戦から第20節バレンシア戦までの8連勝が最多だった。

 また、ディエゴ・シメオネ監督が指揮官に就任した2011年12月以降で見ると、アトレティコ・マドリードのホームゲームでの公式戦連勝記録は2011-12シーズンのラ・リーガ第37節マラガ戦から、2012-13シーズンのELルビン・カザン戦に敗れるまでの20連勝だ。ラ・リーガに限定すると、第27節でレアル・ソシエダに黒星を喫するまでの14連勝となっている。なお、当時の本拠地は『ビセンテ・カルデロン』だった。

 本拠地『シビタス・メトロポリターノ』での連勝記録に加え、アトレティコ・マドリードはレアル・マドリードとのダービーマッチにおいて、観客動員数でも新たな記録を打ち立てたという。スペインメディア『マルカ』によると、69,082名の観客が足を運んでおり、これは『シビタス・メトロポリターノ』で開催されたホームゲーム最多の数字となったようだ。ちなみに、直近数週間でスタジアムの収容人数が拡大されており、最多動員数達成にはこの事実も影響しているはずだ。

 アトレティコ・マドリードは次節のラ・リーガで28日にオサスナと敵地で対戦する。10月の頭にはホームでの公式戦3連戦が予定されており、同1日にラ・リーガ第8節でカディスを、同4日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節で日本代表FW上田綺世が所属しているフェイエノールトを、同8日にはラ・リーガ第9節で日本代表FW久保建英を擁するレアル・ソシエダを迎え撃つ。アトレティコ・マドリードは快勝を飾ったダービーでの勝利の勢いを継続させ、『ビセンテ・カルデロン』時代に成し遂げたシメオネ監督体制の連勝記録も塗り替えることができるだろうか。

【PR】ラ・リーガを観るなら
U-NEXTがおすすめ

U-NEXTではラ・リーガの全試合をライブ配信。月額2,189円(税込)に加入すれば追加料金なしで視聴可能! 無料トライアルに登録すれば31日間無料でラ・リーガが楽しめる!

  1. ラ・リーガを視聴するならU-NEXTがお得!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでラ・リーガ&エンタメを堪能!
  3. さらに「SPOTV NOWパック」に加入すればプレミアやセリエAなどの海外リーグも楽しめる!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
ラ・リーガが見放題!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. 2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!
  3. 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO