FOLLOW US

関係悪化やクラブ退団報道も…シメオネ監督、J・フェリックスの重要性を強調「彼の資質が必要」

2022.12.29

シメオネ監督がJ・フェリックスに言及 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が、今冬でのクラブ退団が噂されているFWジョアン・フェリックスについて語った。28日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2019年夏に移籍金1億2600万ユーロ(当時のレートで約153億円)でアトレティコ・マドリードの一員となったJ・フェリックスは、シメオネスタイルに適応するまでに時間がかかったものの、昨季の公式戦では同クラブ加入後最多となる11得点を記録した。しかし今季、FWアルバロ・モラタの復帰や3バックシステムの運用変更もあり、同選手のプレータイムが減少。シメオネ監督との関係悪化も囁かれており、今冬の移籍市場でクラブを退団する可能性もあると報じられきた。

 そんな中、28日に行われるラ・リーガ第15節エルチェ戦の前日会見に臨んだシメオネ監督は、J・フェリックスとの確執や退団報道について「いい関係で仕事ができている。私はクラブにいる間、人と人との間に多少の(価値観の)違いがあっても、またそれらすべてに賛同することができなくても、クラブのために最善を尽くすことを決してやめない。私や選手がクラブに在籍する最後の日まで。みんなの最大限の力を発揮するためにね」と胸中を明かした。

 FIFAワールドカップカタール2022にポルトガル代表として臨み、1ゴール2アシストをマークしたJ・フェリックス。シメオネ監督もカタールの地での活躍を引き合いに出し、「私にとって重要なのはチームであり、彼はそのチームにとって大切な存在。ワールドカップで見せたものを私たちにも伝えてくれれば、替えが効かなくなる。能力と才能があり、チームには彼の資質が必要だ」とポテンシャルの高さを改めて強調している。

 カタールW杯が閉幕し、まもなくラ・リーガ再開を迎えるアトレティコ・マドリード。第15節エルチェ戦を終えると、冬の移籍市場に突入するが果たして、シメオネ監督とJ・フェリックスはシーズン最後まで『ワンダ・メトロポリターノ』でともに戦うのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO