FOLLOW US

10人のバルサ、ハフィーニャ弾でオサスナに劇的勝利!…“現役最終戦”のピケはベンチで退場

2022.11.09

劇的な決勝ゴールを決めたハフィーニャ [写真]=Getty Images

 ラ・リーガ第14節が8日に行われ、オサスナバルセロナが対戦した。

 リーグ戦では4試合連続でクリーンシートでの勝利を達成し、7日にレアル・マドリードが敗れたことで首位に浮上したバルセロナ。この日はアンドレアス・クリステンセンがケガから先発に復帰し、前節カンプ・ノウでのラストマッチを終えたジェラール・ピケは、現役最終戦となるこの日、ベンチスタートとなった。

 しかし、まず良い形でゲームに入ったのは、現在5位と好調なスタートを切っているオサスナだった。6分、CKにダビド・ガルシアがヘディングで合わせると、ボールは混戦の間を抜けてそのままゴールへ。立ち上がりの勢いのまま、ホームチームが幸先よく先制する。

 すると、反撃したいバルセロナにアクシデントが起こる。30分、ルーズボールに対して競り合ったロベルト・レヴァンドフスキがこの試合で2枚目のイエローカードをもらい退場に。残り約60分間をエース抜きで戦うこととなる。45+1分には、ジョルディ・アルバのクロスにフェラン・トーレスが合わせてゴールを揺らすも、オフサイドの判定で同点弾とはならない。

 バルセロナは1点ビハインドで前半を終えると、ハーフタイムにはさらなるアクシデントが。審判に執拗に抗議したベンチのピケが一発退場を命じられ、“現役ラストマッチ”を思わぬ形で終えることとなった。

 しかし数的不利で後半を迎えたバルセロナは48分、J・アルバのクロスに再びF・トーレスが飛び込むと、こぼれ球をペドリがシュート。丁寧にニアのコースを突き、試合を振り出しに戻す。その後は一進一退の攻防が続くと、バルセロナは終盤に近づくにつれ、ガビアンス・ファティハフィーニャを立て続けに投入する。

 すると迎えた85分、CBに入ったフレンキー・デ・ヨングがDFラインの裏へ見事なフィードを送ると、絶妙なタイミングで走り込んだのは途中出場のハフィーニャ。背後からのボールに頭で合わせ、ボールはGKの頭上を超えてゴールネットへ吸い込まれた。采配が的中した10人のバルサが逆転ゴールを奪う。

 試合はこのまま終了。数的不利の中で逆転勝利を収めたバルセロナは、ワールドカップによる中断期間を首位で折り返すことに成功した。一方、数的優位を生かせなかったオサスナは、5試合ぶりの敗戦となった。

 次節はW杯の中断期間後、オサスナは12月31日にアウェイでレアル・ソシエダと、バルセロナは同日にホームでエスパニョールと対戦する。

【スコア】
オサスナ 1-2 バルセロナ

【得点者】
1-0 6分 ダビド・ガルシア(オサスナ
1-1 48分 ペドリバルセロナ
1-2 85分 ハフィーニャバルセロナ

【PR】ラ・リーガを観るなら
U-NEXTがおすすめ

U-NEXTではラ・リーガの全試合をライブ配信。月額2,189円(税込)に加入すれば追加料金なしで視聴可能! 無料トライアルに登録すれば31日間無料でラ・リーガが楽しめる!

  1. ラ・リーガを視聴するならU-NEXTがお得!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでラ・リーガ&エンタメを堪能!
  3. さらに「SPOTV NOWパック」に加入すればプレミアやセリエAなどの海外リーグも楽しめる!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
ラ・リーガが見放題!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. 2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!
  3. 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO