FOLLOW US

すでにクンデ獲得も…バルサ、ビルバオのスペイン代表DFへの関心を継続か

2022.08.04

バルセロナが関心を寄せるI・マルティネス [写真]=Getty Images

 バルセロナアスレティック・ビルバオ所属のスペイン代表DFイニゴ・マルティネスの獲得を検討しているようだ。3日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 かねてからバルセロナからの関心が伝えられていたI・マルティネス。当初はフランス代表DFジュール・クンデの獲得に失敗した場合の”プランB”であるとの見方が強かった同選手だが、バルセロナはクンデ獲得に成功した現在も引き続き獲得を検討しているようだ。

 I・マルティネスとアスレティック・ビルバオの契約は残り1年となっており、8000万ユーロ(約110億円)の契約解除金が設定されている。バルセロナにこの金額を支払う準備があるのかは現時点では不明だが、クラブとして公式にI・マルティネスに対してのアプローチを行なっている可能性は高いようだ。なお、I・マルティネスはアスレティック・ビルバオでのプレーには満足しているものの、バルセロナ移籍に対しても興味を持っているという。アスレティック・ビルバオは同選手の放出には難色を示しているものの、来夏のフリーでの放出を避けるためバルセロナのオファーに応じる可能性があるとも伝えられている。

 レアル・ソシエダの下部組織出身のI・マルティネスは、同クラブのトップチームを経て2018年1月にアスレティック・ビルバオに加入。DFの主軸として同クラブでここまで公式戦159試合に出場している。また、2013年8月にデビューを果たしたスペイン代表ではここまで19試合に出場している。

 今夏の移籍市場でポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキやブラジル代表FWハフィーニャ、コートジボワール代表MFフランク・ケシエなど即戦力を次々と獲得しているバルセロナ。ラ・リーガでの実績が豊富なI・マルティネスの獲得にも乗り出すのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO