FOLLOW US

40歳のベテランGKディエゴ・ロペス、新天地はラージョに決定!

ディエゴ・ロペスがラージョに完全移籍 [写真]= Icon Sport via Getty Images

 ラージョ・バジェカーノは2日、元スペイン代表GKディエゴ・ロペスを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年夏までの1年間で、フリーでの加入となる。

 ディエゴ・ロペスは1981年11月3日生まれの現在40歳。レアル・マドリードの下部組織出身で、2005年にトップチームデビューを果たした。ビジャレアル、セビージャへの完全移籍を経て、2013年1月にレアル・マドリードに復帰。クラブの絶対的守護神であった元スペイン代表GKイケル・カシージャスの負傷を受けての復帰ではあったが、同選手復帰後もゴールマウスを守り続けた。翌シーズンから指揮を執ったカルロ・アンチェロッティ監督からも信頼され、ラ・リーガで36試合に出場した。

 ミランで2シーズンプレーした後、2016年夏にレンタル移籍でエスパニョールに加入。2016-17シーズンのラ・リーガ35試合に出場するなど正守護神として活躍し、翌年7月に完全移籍となった。エスパニョールの2部降格時もクラブを離れず、1年での“プリメーラ”返り咲きに貢献。2021-22シーズンはラ・リーガ36試合、コパ・デル・レイ2試合に出場した。契約満了に伴い。同シーズン限りでのエスパニョール退団が決定していた。

 ラージョ・バジェカーノは2021-22シーズンのラ・リーガで勝ち点「42」を獲得し、12位でフィニッシュ。2シーズン連続で1部の舞台に身を置くことが決まっていた。新シーズンに向けて、既にクラブはカディスを退団したスペイン人FWサルビ・サンチェスの獲得を発表している。同選手に加えて、経験豊富な頼れるベテランGKがチームに加わることとなった。

>

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO