FOLLOW US

バルサ、ファティの左足ハムストリング近位腱損傷を発表…離脱は約2カ月間に?

負傷したファティ(右)と抱擁するシャビ監督(左) [写真]=Getty Images

 バルセロナは21日、スペイン代表FWアンス・ファティの負傷について詳細を発表した。

 ファティは20日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦のアスレティック・ビルバオ戦に61分から出場。しかし延長戦に突入した96分に足を負傷し、途中交代を余儀なくされた。

  21日、ファティが左足ハムストリングを損傷したと発表していたバルセロナは、同日中に続報を発表。同日午後に行われた検査によって、左足ハムストリングの近位腱を負傷したことが確認され、これから治療法が確定されるようだ。

 スペイン紙『マルカ』の予測によると、ファティの離脱期間は約2カ月となる模様。12日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝のレアル・マドリード戦で復帰したばかりのファティだったが、シーズン終盤の復帰を目指し再びリハビリに励むこととなりそうだ。

 現在19歳のファティは2020年11月に左ひざの内側半月板を断裂し、3度の手術を受けて昨シーズンの大半を棒に振った。今シーズンからは背番号「10」を継承し、契約を2027年6月30日まで延長した。昨年9月末についに戦列復帰を果たしたものの、11月に左足のハムストリングを負傷し再び離脱。今シーズンはここまで公式戦10試合に出場し、5ゴール1アシストを記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO