FOLLOW US

レアル戦は「ターニングポイント」 バルサのシャビ監督「彼らはスペインで今最も好調なチーム」

スーパー杯のレアル戦を目前に控える、バルセロナのシャビ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナのシャビ監督が、12日に行われるスーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝のレアル・マドリード戦に向けてコメントした。11日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 今シーズンのラ・リーガで、バルセロナとレアル・マドリードは対照的な立ち位置にいる。バルセロナが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)およびヨーロッパリーグ(EL)圏外の6位につけているのに対し、レアル・マドリードは首位。バルセロナの消化試合が1試合少ないとはいえ、両チームの勝ち点差は「17」と大きく開いている。シャビ監督は、好調のライバルと相対する“エル・クラシコ”は厳しいものになると感じているようだ。

「我々はあらゆる状況で彼らと対峙してきた。彼らはスペインで今最も好調なチームだから、我々が自分たちのプレーを押し通すのは簡単ではないだろう」

「バルセロナは今立て直しの真っ最中だが、レアル・マドリードは好調だ。しかし、それは“エル・クラシコ”において何の意味も持たない」

 今回の“エル・クラシコ”はレアル・マドリードが優位と言われているが、シャビ監督は「たしかに自己批判は必要だが、我々は良い方向に進んでいるよ」とコメント。また、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、スペイン代表MFぺドリ、同国代表FWアンス・ファティ、同国代表FWフェラン・トーレスがレアル・マドリード戦の出場許可を医師から得たことについては「ペドリやフェラン(・トーレス)、ロナルド(・アラウホ)のような選手はチームにとって重要であり、彼らが戻ってきたことを嬉しく思う」と喜んだ。

 シャビ監督は、レアル・マドリード戦を「ターニングポイントになり得る」と表現。「決勝に進出してタイトルを獲得することで、我々のプロジェクトに大きな信用を与えることになる」と、ライバル撃破に意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO