FOLLOW US

覚醒のヴィニシウスが2発! ベンゼマ温存のレアル、10人のエルチェ撃破

[写真]=Getty Images

 ラ・リーガ第12節が30日に行われ、エルチェとレアル・マドリードが対戦した。

 連戦が続くレアル・マドリードは、絶対的エースのカリム・ベンゼマを休養のためメンバーから外し、マリアーノ・ディアスやマルセロらを先発で起用。そんなアウェイチームは序盤にアクシデントが発生する。左足の違和感を訴えたロドリゴをベンチに下げ、18分にマルコ・アセンシオを投入した。

それでも、レアル・マドリードは22分に先制する。相手DFのパスミスをインターセプトしたカゼミーロは、ダイレクトでペナルティエリア手前に鋭い縦パスを供給。受けたマリアーノもワンタッチで落とし、後ろから飛び込んだヴィニシウス・ジュニオールがボールを引き取る。ペナルティエリアに侵入したヴィニシウスは、GKとの一対一を制してゴール右下に流し込んだ。

 エルチェは39分に決定機。高い位置でボールを奪ったルーカス・ボジェが折り返すと、ボールは相手DFに当たってペナルティエリア右にこぼれる。これに反応したハビエル・パストーレがフリックで落とし、ゴール前のルーカス・ペレスが合わせたが、シュートはミートせずに枠を外れる。試合はレアル・マドリードの1点リードで折り返す。

 オープンな展開が続くなか、エルチェは63分にラウル・グティがトニ・クロースへのタックルで2枚目のイエローカードをもらって退場。数的不利で同点を目指すことになった。

 すると73分、レアル・マドリードがエルチェを突き放す2点目を獲得する。クロースの鋭い縦パスをライン間でルカ・モドリッチが受け、左のヴィニシウスにスルーパスを送る。ヴィニシウスはスピードに乗ってゴールに近づくと、右足アウトサイドを使ったチップキックでGKとの一対一を制し、ゴール右下に流し込んだ。ヴィニシウスは今季リーグ戦での得点数を「7」に伸ばし、過去3シーズンの合計に並んだ。

 86分、エルチェが1点を返す。カゼミーロの横パスをダリオ・ベネデットが頭でカットすると、ボールはレアル・マドリードのゴール方向へと向かう。カバーに入ったクロースの足は届かず、ボールはペレ・ミジャに渡る。ミジャは相手GKティボー・クルトワとの一対一を制し、ゴールに流し込んだ。

 エルチェの反撃は及ばず、試合はこのまま終了。エルチェは2連敗でリーグ戦4試合未勝利、レアル・マドリードはリーグ戦2試合ぶりの白星で今季7勝目となった。

 次節、エルチェは11月7日にMF久保建英が所属するマジョルカと対戦。レアル・マドリードはチャンピオンズリーグのシャフタール戦を挟んで、11月6日にラージョ・バジェカーノと対戦する。

【スコア】
エルチェ 1-2 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 22分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
0-2 73分 ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
1-2 86分 ペレ・ミジャ(レアル・マドリード)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO