FOLLOW US

パウ・トーレス、トッテナムからのオファー拒否を明かす「時間はかからなかった」

ビジャレアルへの愛を語ったパウ・トーレス [写真]=Getty Images

 ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスが、今夏に提示されたトッテナムからのオファーに断りを入れていたことを明かした。2日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 昨シーズンのパウ・トーレスは、公式戦44試合に出場。なかでも、ヨーロッパリーグ(EL)では9試合に出場し1ゴールを記録する活躍を見せ、ビジャレアル史上初の同大会制覇の立役者となった。また、パウ・トーレスは今夏に行われた2つの国際大会(EURO2020と東京オリンピック)に臨んだスペイン代表メンバーに選出。同国代表のEURO2020準決勝進出と東京オリンピック銀メダル獲得に貢献した。

 トッテナムからオファーを提示されたことについて、パウ・トーレスは「トッテナムが関心を持っていることは知らされていたけど、最初の時点で僕の望みがはっきりしていた。自分にとって最善の方法を考えた結果は、ビジャレアルに残ること。今シーズンは、僕が情熱を持って取り組んでいる多くの課題があり、非常に重要な目標がある。決めるのに時間はかからなかった」と心境を明かした。
 
 また、パウ・トーレスは「選手がどんな決断をしても尊重されるべきであり、僕は自分が望むことに一貫性を持たせることを選んだ。だからこそ、僕はこの夏の経過とこれからのことに満足している。自分の望む場所にいるからね」とビジャレアルへの愛を明かした。

 最後に、パウ・トーレスは「”そこにたどり着くよりも、そこに留まる方が難しい”という言葉がピッタリだ。課題は、常にチームのために立ち上がり、重要な選手であり続けること。そして監督の信頼を失わないようにプレーを全うする。これからも毎日、より良い選手になれるよう努力していく」と新シーズンに向けて意気込みを語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO