FOLLOW US

バルセロナ、セビージャからL・デ・ヨングを獲得…買取OP付きレンタル移籍

バルセロナ加入が決定したL・デ・ヨング [写真]=Getty Images

 バルセロナは9月1日、セビージャからオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを獲得したことを発表した。

 バルセロナは移籍市場最終日にフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンをアトレティコ・マドリードへ買い取り義務が付随したレンタル移籍で放出。この影響もあり、バルセロナはL・デ・ヨング獲得に至ったようだ。すでに移籍市場は閉幕したものの、ラ・リーガは移籍市場閉幕前に移籍の書類を受け取ったことを発表しており、取引が時間内に行われたことが明らかとなっていた。

 発表によると、バルセロナはL・デ・ヨングのレンタル移籍でセビージャと合意。移籍期間は2022年6月30日までで、買い取りオプションが付随しているという。なお、年俸はバルセロナが負担することになる。

 現在31歳のL・デ・ヨングは、デ・フラーフスハップの下部組織出身で、2008年夏にトップチーム昇格を果たした。2009年7月にトゥウェンテへと完全移籍すると、その後はボルシアMGやニューカッスル、PSVなどでプレーし、2019年7月にセビージャに加入した。在籍2シーズンで公式戦通算94試合に出場し、19ゴール5アシストを記録。また、2011年2月にオランダ代表デビューを果たし、これまで38試合の出場で8ゴールを記録している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO