FOLLOW US

弱冠20歳ビルバオGK、デビュー戦で好セーブ連発「ここに来てから夢を持っていた」

トップチームデビューを果たしたビルバオのGKアギレサバラ [写真]=Getty Images

  アスレティック・ビルバオのスペイン人GKフレン・アギレサバラが、16日に行われたラ・リーガ開幕節エルチェ戦でトップチームデビューを果たしたことについて胸中を明かした。同日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表GKウナイ・シモンが、今夏に行われた2つの国際大会(EURO2020と東京オリンピック)に出場したことにより、16日に行われたラ・リーガ開幕節エルチェ戦を欠場した。U・シモンに代わりスターティングメンバーに名を連ねた弱冠20歳のアギレサバラは、同試合でチームのピンチを救うセーブを連発。見事にエルチェの攻撃をシャットアウトしたものの、アスレティック・ビルバオも得点を奪うことができず、試合はスコアレスドローに終わった。

 トップチームデビューを飾ったことについて、アギレサバラは「ラ・リーガの舞台でアスレティックのデビューを果たせて、正直、とても嬉しい。下部組織で長い間プレーしてきたし、アスレティックに来てから、ずっとその夢を持っていた。勝てればもっと良かったけど、この勝ち点1を大切にしなければならない」と万感の思いを告白した。

 また、アスレティック・ビルバオを指揮するマルセリーノ・ガルシア・トラル監督について、アギレサバラは「監督の信頼に感謝している。後ろから守備をオーガナイズして、空中戦のボールやゴールの下でチームの助けとなるプレーを心がけていく」と意気込みを語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO