FOLLOW US

レアル・マドリードがラ・リーガ脱退報道を否定「全くの虚偽で、不可能だ」

ラ・リーガ脱退検討の記事についてレアル・マドリードは否定の声明を掲載している [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードが、ラ・リーガから脱退し、他国リーグへ移籍することを検討しているとの報道に、事実無根であると公式声明で否定した。

 14日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』は、レアル・マドリードはラ・リーガからの脱退を考えており、その理由として同リーグのハビエル・テバス会長との対立にうんざりしていることがあると伝えている。さらに、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、イングランド・プレミアリーグ参戦を望んでいるものの、イタリア・セリエA、ドイツ・ブンデスリーガ参戦も視野に入れていると併せて報じていた。なお、テバス会長とレアル・マドリード間の対立は長期的なものであることも伝えられ、ペレス会長の主導したスーパーリーグ構想に続き、先日ラ・リーガがCVCキャピタル・パートナーズからの投資を受け入れたことについても対立が深まっていた。

 レアル・マドリードは、「今日の『ムンド・デポルティーボ』紙で掲載された、ラ・リーガからプレミアリーグへ移籍するという情報は、全くの虚偽で不条理であり、不可能である。クラブの日々を再び妨害することが目的であることを明確にしたいと考えている」とのメッセージをクラブ公式サイトに掲載している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO