FOLLOW US

レアル、クロースの鼠蹊部負傷を発表…約1カ月の離脱でリーガ開幕戦は欠場濃厚に

ドイツ代表としてEUROにも参加したクロース [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは3日、元ドイツ代表MFトニ・クロースが鼠蹊部の負傷で離脱することを公式サイトで発表した。

 昨シーズンも鼠蹊部の負傷によって複数回の離脱を強いられたクロースだったが、EURO2020にも参加した今夏、再び同じ箇所のケガに苦しめられることとなった。レアル・マドリードは3日、複数の医療検査の結果、クロースがスポーツヘルニア(鼠蹊部の負傷)と診断され、これから治療に臨むことを発表している。

 スペイン紙『マルカ』は、クロースの離脱期間は約1カ月になると予想し、8月14日に迎えるラ・リーガ開幕戦のアラベス戦に間に合う可能性は低いと報道。クロース本人は自身の公式SNSにて、「休息を与え、長いシーズンに向けた十分な準備に取り組む時だと思う。いつものように、可能な限り早く戻ってくるよ」と心境を綴っている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO