FOLLOW US

35歳J・ナバス、40歳でも現役宣言? 「できることならその先も続けたい」

2021.07.27

昨季は公式戦43試合に出場したJ・ナバス [写真]=Getty Images

 セビージャのスペイン代表DFヘスス・ナバスが、新シーズン開幕に先立ちインタビューに答えた。27日付でスペイン紙『アス』が報じている。

 11月に36歳の誕生日を迎えるJ・ナバスは、セビージャの下部組織出身で2003年にトップチームデビューを果たす。その後は2013年夏にマンチェスター・Cへ移籍するものの、2017年夏に再びセビージャへ復帰。2020-21シーズンは公式戦43試合に出場すると、6月23日に2024年6月30日まで契約延長を発表した。

 契約を延長したことについて、J・ナバスは「セビージャは僕にとって最高の場所であり、延長する意志があったんだ。 オファー? 僕はセビージャに集中していたから、もしあったとしても聞く気にはなれなかった」と胸中を明かした。

 続けて自身のキャリアプランについて、J・ナバスは「いつ引退するかはわからない。 40歳?できることなら、その先も続けたいと思う。僕は、一日中サッカーをしていたい。だから、引退の年齢を決めていないし、3年以上…何年も続けたいんだ。毎回のトレーニングを楽しんでいるし、これからも楽しむことができる」と現役を続ける意志を語った。

 また、今月21日に40歳の誕生日を迎えたベティスの元スペイン代表MFホアキン・サンチェスについて、J・ナバスは「ホアキンはサッカーに多くのことを与えてきたし、今も与え続けている。非常に優れた資質を持っている彼が引退してしまったら、それは残念なことだ。いつものように、サッカーに熱意を持って取り組んでいる姿が目に浮かぶ」と告白した。

 最後に、J・ナバスは新シーズンに向けて「昨シーズンは別の目標を持っていた。それはそれとして、僕たちはリーガを優勝できると思っていたし、実際に最後まで戦った。今年は最初から信じようと思っている」とラ・リーガ優勝に向けて意気込みを語った。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO