FOLLOW US

ラ・リーガ初挑戦の原大智「アラベスのようなクラブに在籍することは誇り」

ラ・リーガ初挑戦となるアラベスの原大智(写真はNKイストラ1961在籍時のもの) [写真]=Getty Images

 アラベスのFW原大智が、同クラブへの移籍について語った。8日、クラブ公式サイトが伝えている。

 アラベスは6月24日に原と2023年6月30日までの2年契約を締結し、NKイストラ1961(クロアチア1部)から完全移籍で獲得したことを発表した。

 現在22歳の原は、FC東京の育成組織出身で2018年にトップチーム昇格を果たすと、同クラブで公式戦通算109試合に出場し31ゴールの成績を記録。2021年2月にNKイストラ1961に完全移籍で加入し、公式戦18試合で8ゴール3アシストの成績を残した。
 
 エスタディオ・デ・メンディソロツァ(アラベスのホームスタジアム)のプレスルームで行われた会見で原は「僕にとっては、デポルティーボ・アラベスのような(スペイン)1部リーグのクラブに在籍することは誇りだ。トレーニングを楽しめているし、それがサッカー選手としての成長にも役立っていると思う」と胸中を明かした。

 また、自身のプレースタイルについては「ゴールへの嗅覚があり、俊敏に動くことができる。クラブの目標達成に貢献するために全力を尽くしたい」と語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO