FOLLOW US

2部降格のエイバル、元ビルバオ指揮官のガリターノ氏を招へい…6年ぶりの復帰に

ガイスカ・ガリターノ氏がエイバルの指揮官に復帰 [写真]=Getty Images

 MF乾貴士が所属するエイバルは7日、ガイスカ・ガリターノ氏を新監督に招へいしたとクラブ公式サイトで発表した。契約期間は2023年6月30日までとなり、契約には1年の延長オプションが付帯している。

 エイバルは2020-21シーズンのラ・リーガで最下位に終わり、来季は7シーズンぶりに2部で戦う。同クラブは先月26日、2015年夏からチームを率いていたホセ・ルイス・メンディリバル前監督の退任を発表していた。

 現在45歳のガリターノ新監督は、現役時代にエイバルなどでプレーし、引退後にエイバルのアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタートさせた。Bチームでの指揮を経て、2012年夏からトップチームの監督に就任。2014年にエイバルをクラブ史上初の1部昇格に導いた。

 2015年夏にエイバルを去った後は、バジャドリードやデポルティーボでも指揮し、2018年12月からはアスレティック・ビルバオの監督に就任した。昨季は同クラブをコパ・デル・レイ(国王杯)決勝進出に導いたが、マルセリーノ・ガルシア・トラル現監督の就任を受けて今年1月に退任していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO