FOLLOW US

レアル来季監督候補にアンチェロッティが浮上…2015年以来の復帰なるか

エヴァートンのアンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 エヴァートンのカルロ・アンチェロッティ監督は、来季レアル・マドリードの指揮官に就任する可能性があるという。31日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 レアル・マドリードではジネディーヌ・ジダン監督が今季限りでの退任を発表し、来季の指揮官は一体誰になるのか、連日憶測がたえない状況となっている。そんななか今回の報道によると、現在エヴァートンで指揮を執るアンチェロッティ監督がその候補の1人に挙がり、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とはすでに接触しているようだ。

 現在61歳のアンチェロッティ監督は1995年にレッジーナで監督キャリアをスタートさせると、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)などヨーロッパ各国のビッグクラブで選手を指導。2013年からの2シーズンはレアル・マドリードの監督を務め、1年目の2013-14シーズンにはチームを10度目のUEFAチャンピオンズリーグ優勝へと導いた実績を持つ。

 そのほか、今季限りでインテルを退団したアントニオ・コンテやPSGのマウリシオ・ポチェッティーノ、レアル・マドリードBのラウール・ゴンザレス、レアル・ソシエダBのシャビ・アロンソなどが次期監督候補に挙がっている模様。今季無冠に終わったレアル・マドリードだが、果たして来季はどの指揮官がベンチに座っているのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO