FOLLOW US

バスケスがクラシコで負傷交代…ブスケツにカード提示されず「ショック」

前半で交代したルーカス・バスケス [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFルーカス・バスケスが負傷した。スペイン紙『マルカ』が7日に報じている。

 レアル・マドリードは10日、リーガ・エスパニョーラ第30節でバルセロナとのエル・クラシコに臨んだ。フランス人FWカリム・ベンゼマとドイツ代表MFトニ・クロースのゴールにより、レアル・マドリードはバルセロナに2-1で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したバスケスは、バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツとの交錯により負傷。バスケスは43分にアルバロ・オドリオソラとの負傷交代を余儀なくされた。バスケスは試合後、ブスケツにイエローカードが提示されなかったことに対して「ショック。ただショックだ」と明かしている。

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は試合後に「ルーカスが大打撃を受けてオドリが途中出場したことは事実だが、それによって我々の戦術が変わることは無かった」と述べた。

 バスケスの詳細な負傷状況は発表されておらず、離脱期間も未定となっている。なお、バスケスと同じ右サイドバックにはスペイン代表DFダニエル・カルバハルが所属しているが、カルバハルは現在負傷離脱中となっている。『マルカ』は「レアル・マドリードは右サイドバックのオプションが非常に不足している」と指摘した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO