FOLLOW US

コウチーニョがブラジルへ一時帰国…母国で回復の進まないヒザを治療へ

ケガからの復帰が遅れているコウチーニョ [写真]=Getty Images

 バルセロナは30日、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが負傷の治療のためにブラジルへ一時帰国したことをクラブ公式サイトで発表した。

 コウチーニョは昨年12月29日のエイバル戦で左ヒザの外側半月板を負傷し、年明けの1月2日に手術を敢行。その離脱期間については当初約3カ月ほどといわれ、4月上旬の復帰が見込まれていた。しかしコウチーニョのケガの回復は思うように進んでおらず、離脱期間がさらに数週間延びる可能性が報道されていた。

 そしてクラブは30日、コウチーニョが治療のために母国ブラジルへ帰国したことを発表。今季ここまで公式戦3ゴール2アシストを記録する28歳の戦線復帰は、予定よりも長くかかることが決定的となった。また、期待されていた4月10日のレアル・マドリード戦までの復帰も、これによって可能性がほとんどなくなったと考えられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO