FOLLOW US

31歳MFクロース、今夏のEURO2020終了後にドイツ代表引退か

ドイツ代表のクロース [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、今夏に行われるEURO2020終了後に同代表を引退することを検討しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 現在31歳のクロースは2010年3月に行われたアルゼンチン代表戦で代表デビューを果たし、これまで通算101試合の出場で17ゴール19アシストを記録。2014年に行われたFIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会では全7試合に出場してW杯優勝に貢献するなど、長年主力として活躍をしている。

 クロースは現在開催されている2022 FIFAワールドカップ カタール欧州予選のメンバーにも選ばれていたが、内転筋の問題を抱えていたことから同代表を離脱している。それでも、今夏に行われるEURO2020には招集されることが濃厚と見られている。

 しかし、報道によると、クロースはEURO2020終了後に代表から引退する可能性があるという。すでに同大会終了後に退任することが発表されているヨアヒム・レーヴ監督に続いて、長年ドイツ代表の中盤を支えてきたクロースも代表チームを退くことが報じられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO