FOLLOW US

スアレスが次世代のストライカーに持論…「世界で最高の9番になる」と評したのは?

新世代を牽引するハーランドとエンバペ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスはキャリア通算500ゴール達成を記念して、自身のキャリアを振り返るとともに、次世代についてもコメントした。22日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 21日のアラベス戦で決勝点をマークしたスアレスは、この得点により記念すべき自身のキャリア通算500ゴールを達成。現役選手での到達は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに次ぐ5人目となる偉業を成し遂げた。

 スアレスは自身のこれまでの活躍を振り返りつつ、ゴールは「ナシオナル(ウルグアイ時代の古巣)でのプロ初ゴールを、当時18歳の時にスタンドで見てくれていた」という妻へ捧げたと告白。また、これまでアシストを受けた選手の話題になると、バルセロナ時代の同僚である元ブラジル代表ダニエウ・アウヴェス、スペイン代表MFセルジ・ロベルトの名を挙げて、「感謝している」と口にしている。

 さらに、次世代のサッカー界を牽引する選手としてドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・エンバペについて触れられると、自身の考えをこのように述べている。

「ハーランドは最高に素晴らしい選手だ。スペクタクルなレベルにあるね。驚嘆するようなフィジカルを持っている。時代に名を残す、世界で最高の9番の1人になるだろう」

「ハーランドの方が少し上だが、エンバペも素晴らしいレベルの選手だと思うよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO