FOLLOW US

バルサDFラングレ、サポに取り囲まれ涙…カディス戦終盤に痛恨のPK献上

カディス戦でPKを与えてしまったラングレ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するフランス代表DFクレマン・ラングレが、21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節カディス戦後に涙を見せた。22日、スペイン紙『アス』や同『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。

 ホーム『カンプ・ノウ』にカディスを迎えたバルセロナは、32分にリオネル・メッシのPKで先制する。しかし、80%以上のボール保持率を誇りながらも追加点を奪えないまま終盤を迎えると、88分にラングレが相手を後ろから蹴ってPKを与えてしまう。カディスがこれを決めて、1-1で試合は終了。リーグ戦での連勝が「7」で止まったバルセロナは、今節敗れた首位アトレティコ・マドリードとの差を縮めることに失敗しただけでなく、勝利した2位レアル・マドリードとの勝ち点差も「5」に開いた。

 ラングレは“戦犯”の1人として、カディス戦でのパフォーマンスが批判を集めることに。さらに同選手は試合後、自ら運転する車で『カンプ・ノウ』を後にしようとした際、待ち受けていたバルセロナサポーターに取り囲まれたようだ。SNSで拡散された動画では、ラングレがその目に涙を浮かべる様子も確認できる。

 現在25歳のラングレは、今季の公式戦で32試合に出場している。しかし、昨年12月5日に行われたカディス戦(●1-2)で失点直結のミスを犯したほか、同年10月24日に行われたレアル・マドリード戦(●1-3)や同年12月8日に行われたチャンピオンズリーグのユヴェントス戦(●0-3)でも不用意な形で相手にPKを献上。不安定なパフォーマンスを見せている同選手について、『アス』紙は「自信を失っている」と指摘している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO