FOLLOW US

勝ち点3を逃すも…ピケはタイトル獲得へあくまで前向き「僕たちは挑戦しなければ」

バルセロナに所属するピケ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケが、リーグ戦について言及した。21日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節カディス戦に臨んだバルセロナだが、試合修了間際の失点で追い付かれ、1ー1で勝利を逃した。この結果3位のバルセロナは、今節黒星喫した首位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差を1しか縮めることができなかった。そんな中カディス戦にフル出場したピケは、今後のリーグ戦の戦いについて以下のように語っている。

「アトレティコの敗戦は我々にチャンスを与えてくれた。ただ、ゴールを無効にされたシーンもあったし、90分にペナルティで失点してから点を取り返すのは難しいことだ。先日ホームでパリ・サンジェルマンに敗れたことを考えても、勝ち点3を獲得することが非常に重要な試合だった」

「リーグ戦は期間が長いから、巻き返すための試合は多く残っている。今後良いリズムに乗ることができれば、良い結果が得られるだろう。もちろん難しいことだが、僕たちは挑戦しなければならない」

 そしてピケは、他のタイトル争いについても以下のように語った。

「現実的に考えれば、特にチャンピオンズリーグは勝ち上がりが難しいだろう。ただコパ・デル・レイにはチャンスがあるし、リーグ戦でもチャンスがあると思っている。我々は気を引き締め集中力を高め、エルチェを倒しに行かなければならない。僕の体調は問題なく、少しずつ自分のキレを取り戻しつつあるよ」

 バルセロナの次戦は24日、延期されていたリーガ・エスパニョーラ第1節エルチェ戦を迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO