FOLLOW US

指導者F・トーレス、古巣アトレティコを「個人的な理由」で退団…来月に再び現場復帰か

A・マドリードを退団していたフェルナンド・トーレス [写真]=Getty Images

 かつてリヴァプールチェルシーなどに所属し、昨年の9月から指導者としてアトレティコ・マドリードに携わっていた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、先週その古巣のリザーブチームを退団していたようだ。14日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 2019年8月にサガン鳥栖で現役を引退してから指導者としてのキャリアをスタートさせたF・トーレスは、今年の1月半ばからアトレティコ・マドリードB(スペイン3部相当)のアシスタントコーチに就任。トップレベルで活躍していた経験も活かしながら、選手たちにアドバイスやヒントを与えていたという。

 しかし今回の報道によると、F・トーレスは「個人的な理由」で予定よりも早く同クラブを退団していた模様。それでもクラブや個人に大きな問題は見られていないようで、『アス』は「実績や経験を積み続けるため、3月には再び復帰するだろう」「トーレスはクラブが最適だと判断した役職であれば、どんな形でもアトレティコの力になりたいと常々言っていた」などと報じている。

 これまでアトレティコ・マドリードに対して深い愛情を示してきたF・トーレスだが、今後はどのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO