FOLLOW US

クーマン監督、同胞2選手のフリー移籍を画策か…事前契約締結を希望

クーマン監督はデパイ(左)とワイナルドゥム(右)の獲得を希望している [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督は今冬の移籍市場で自身と同じくオランダ出身の2選手と事前契約の締結を希望している。14日にスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 クーマン監督は今冬の移籍市場で、今シーズン限りで契約が満了する2選手の獲得に興味を示しているようだ。1人目はリヴァプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、2人目はリヨンの同じくオランダ代表FWメンフィス・デパイだという。

 同監督は以前からこの2選手に目をつけていたとのことだが、同紙によるとバルセロナはいよいよ獲得に向けて動き出すようだ。両選手ともに、現在所属しているクラブと契約延長は行わないとの噂が浮上しており、新天地への移籍に前向きだという。

 果たしてクーマン監督の補強で、バルセロナは目標となっているチャンピオンズリーグ優勝を果たすことができるのであろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO