FOLLOW US

レアルに痛手、FWロドリゴがハムストリング損傷…現地紙は約3カ月の離脱予想

レアル・マドリードがロドリゴの負傷を発表した [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは25日、ブラジル代表FWロドリゴの負傷について発表した。

 ロドリゴは23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節グラナダ戦に先発出場。同選手は36分、左サイドからのドリブル突破を試みた際、相手DFとの接触もあってピッチに倒れ込み、38分にマルコ・アセンシオとの途中交代を余儀なくされた。右足の太もも裏を気にしていた同選手は自力で歩くことができず、ストレッチャーに運ばれてピッチを後にした。

 レアル・マドリードの医療サービスチームによる検査の結果、ロドリゴは右足大腿二頭筋(外側ハムストリング)の腱に影響を及ぼす筋肉損傷と診断された。クラブは復帰時期を明らかにしていない。だが、スペイン紙『マルカ』は同選手が重傷だと伝えており、約3カ月の離脱を強いられる可能性があると予想している。

 現在19歳のロドリゴは、2019年夏に母国のサントスからレアル・マドリードに加入。今季はここまで、リーガ・エスパニョーラの11試合とチャンピオンズリーグの6試合に出場しており、1ゴール6アシストを記録していた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO